妊婦健康診査の概要と検査項目(基本検査・一般的な検査)

カテゴリ:概要

記事の種類:序

妊婦健康診査とは

妊婦健康診査(妊婦健診)は、母子保健法に基づいて実施される、妊婦と胎児の健康状態の確認、妊娠疾患の早期発見や予防を行う事を目的として実施される定期健診です。

実施間隔

実施間隔は、妊娠後期になるほど検査頻度が増えて行き、原則として妊娠初期から23週までは4週間に1回、24週から35週までは2週間に1回、36週以降から分娩までは1週間に1回実施します。

検査項目一覧

基本検査項目

妊婦健診では、基本的な検査として以下の検査項目は母子健康手帳の記載項目となっており、健診時に必ず行います。

一般的な妊婦健診の検査項目

以下は基本検査も含めて一般的に実施される主な検査項目です。

妊婦健診の回数と健診項目および公費負担額

妊婦健診の回数と健診項目および公費負担額
回数 検査項目 公費負担額(上限)
平成28年4月1日以降
1回目 問診
体重測定
血圧測定
尿検査(尿糖尿蛋白
血液検査
梅毒(梅毒血清反応検査)
B型肝炎(HBs抗原検査)
風疹(風疹抗体価検査)
9,680円
2回目?14回目 問診
体重測定
血圧測定
尿検査(尿糖尿蛋白
保健指導
その他(公費負担は以下のどれか1つのみ)
5,160円
1回のみ公費負担される健診項目
種類 検査項目 公費負担額(上限)
平成28年4月1日以降
超音波検査 経腹超音波検査 5,300円
妊婦子宮頸がん検診 子宮頸がん検診 3,400円

公開日時: 2017年08月05日  19:20:36

概要に戻る

「概要」に関する他の解説

「概要」に関する他の解説はありません。

このページのトップに戻る